BCC-Feの<111>//ND平均方位密度の計算

Feの<111>//NDの平均方位密度計算の質問がありました。極点図{111}の中心密度ですが、BCCでは{111}は存在しない。{110}、{200}、{211}極点図からODF解析を行い、ODFのφ2=45,φ=54.7,Φ1=0->90の平均を計算する。方位密度は、VolumeFraction(VF%),方位の集積度(euler角…

続きを読むread more

SmartLab In-Plane極点データ処理

SmartLabのIn-Planeでは極点図測定時バックグランドが測定されていない。更に受光スリットに2mmを採用する光学系である。ODF解析を行う場合、バックグランド除去とDefocus補正は重要である。注意:受光スリットを2mmより広いスリットでは、defocus理論曲線から外れます。CTRソフトウエアでは、極点図にバックグランドデ…

続きを読むread more

結晶方位の回転,Cube<ー>Goss<->Brass

結晶方位の軸回転はCrystalRotation及びPFRotationで実現しています。PFRotationはRD-TD-NDの試料座標系を採用し、CrystalRotationは、更に結晶座標系を採用し軸回転を実現しています。説明書を参考にしてください。以下にCube<ー>Goss<->Brass回転を示します。 https://…

続きを読むread more